そもそもナカモトサトシって誰?

ビットコインが世に出てから何かと話題になる「ナカモト・サトシ(中本 哲史;Satoshi Nakamoto)」さんですが、知っている人たちにとっては馴染があるお名前でも、仮想通貨に興味ない人たちにとっては聞いたことがない名前だと思います。
しかし、この方こそビットコインプロトコルと、Bitcoin Coreというリファレンス実装をつくった人物であり、その名前はSatoshiという単位にもなるほどビットコインに大きな影響を与えました。(ちなみに1Satoshi=0.000000001BTCで、現在の価値で約0.02円位だそうです)
しかし、日本人の男性名には見えるのですが、本名かどうかはわからず正体不明の人物となっております。(偽名であるというのが通説で、日本人ではないと考える人のほうが多いようです)
名前の真偽はおいといて、このナカモトサトシさんは2008年11月、ネット上で一つの論文を発表し、その論文が元となってビットコインが始められたと言われています。(この論文は今でもネット上で見ることができます。タイトルは「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System」(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム))
この論文についての詳細は後の投稿でお話ししたいと思いますが、ナカモトサトシさんはこの論文の中でブロックチェーンという画期的な技術とそれを利用したビットコインという仮想通貨を提唱しました。その後2009年にはビットコインのソフトウェアを発表し、ナカモトサトシの構想に賛同する数人の技術者とともにビットコインのシステムを作り上げていきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする