カルダノエイダ(CARDANO ADA)コインとは

カルダノエイダ(CARDANO ADA)コインとは、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏とともに、イーサリアムブロックチェーンを共同設立したことで有名な天才数学者、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏が創設したカルダノプロジェクト(CARDANO PROJECT)から生まれた仮想通貨(暗号通貨)です。
CARDANOは、最も成功した、より確立されたプロジェクトとしてプライバシー、セキュリティ、ガバナンスを維持していると言われており、あのイートロ(eToro)の上級アナリストであるマティ・グリーンスパン(Mati Greenspan)氏を持ってして、「カルダノエイダ(CARDANO ADA)コインが最も魅力的なプロジェクトである」と言わしめています。
さらにマティ・グリーンスパン氏は、「もしカルダノプロジェクトが上手くいった場合には、非常に大きなプロジェクトになる可能性を秘めている」と語っており、「カルダノは高性能でスケーラブルなネットワークであり、分散型アプリケーション(DApp)をより安全に素早く実行することができる」と説明しています。
このように、今現在、非常に評価が高く将来性のあるカルダノエイダ(CARDANO ADA)コインですが、この仮想通貨自体は、あのビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)とは異なる特徴を持っています。この仮想通貨を代表する2つのコインは、当お勉強サイトでもご紹介したPoW(Proof of Work)プロトコルを使用したコンセンサス・アルゴリズムを採用しており、コンピュータのハードウェアを使用したマイニング(採掘)を行う必要がありますが、カルダノエイダ(CARDANO ADA)のブロックチェーンはそのようなマイニングではなく、所有権を証明するウロボロス(Ouroboros)のシステムに基づいて機能しています。
ウロボロスでは、仮想通貨を保有することによってマイニングを行うシステムであるPoS(Proof of Stake)を採用しており、その保有している量や期間によって、マイニングのし易さが変化するような仕組みとなっています。これによって、マイニングのために高性能コンピュータが必要な従来のPoWと比べ、圧倒的な低コストでマイニングを行うことができ、承認作業の優先度が決まっているため、トランザクションの処理速度が早く、51%攻撃(アタック)にも強い耐性を備えています。
さらにカルダノエイダ(CARDANO ADA)コインは、仮想通貨自体の将来的な大きな課題の一つとされる量子コンピュータの圧倒的計算能力による改竄問題にも耐えうる量子耐性を具備していることでも大きな注目を集めています。
このように期待度の高いカルダノプロジェクトですが、今はまだ開発中であり、長期的なロードマップを達成していくにつれて、大きな成功を成し遂げる可能性を秘めているとされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする