wp-tsuka一覧

ビットコインのソフトフォークとは

ビットコインのソフトフォークとは、互換性のある仕様変更により、ビットコインのブロックチェーンが一時的に分岐することであり、互換性のある仕様変更とは、ブロックに格納するトランザクション(取引データ)を検証するルールを追加したり、厳しくしたりすることで、ブロックチェーンの分裂は起きないんですね。

ビットコインのハードフォークとは

フォークとは、ブロックチェーンに規定されたルールを変更することを指し、フォークの種類としてはハードフォークとソフトフォークがあります。 ハードフォークは、記憶に新しいところでは2017年に行われたハードフォークにより、ビットコインは分裂していろんな新しいビットコイン(ビットコインキャッシュやビットコインゴールド)が誕生しました。

仮想通貨のトランザクション耐性とは

トランザクション耐性とは、一定時間内でその通貨がどのくらい取引(トランザクション)ができるのか?ということを表します。 つまり、何か買い物をして支払いをする時にかかる時間、待たされる時間のことと思えばいいと思いますが、一番わかりやすいのがクレジット決済だと思います。

ビットコインのビザンチン将軍問題とは

ビットコインが今のように世の中で注目されるきっかけになったのは、ビザンチン将軍問題に対する現実解(現実解とは、完全ではないが、考えられる最上の解決策という意味です)を提示したからだと言われています。 では、ビザンチン将軍問題と何なのでしょうか?・・・

仮想通貨取引所のリスク

銀行など大金(取引所の場合は大量の仮想通貨)が集まる場所が常に盗難の危機と隣り合わせなのと同じで、特にネットワーク上のセキュリティに対して攻撃を仕掛けるハッキングであれば、現実世界の銀行強盗と比較して失敗しても侵入できないだけで何度もトライできてしまいます。 そのためネットワーク上のセキュリティを突破してしまえば通貨の移動が可能なためハッカーに狙われることになります。

ビットコインとマウントゴックス経営破綻問題

マウントゴックス(Mt.Gox)社の経営破綻とは、2014年2月28日、マウントゴックス社がシステムの不具合を悪用した不正なアクセスによって、利用者の75万、自社の10万ビットコインがなくなるとともに、利用者からの預り金の口座にあった預金28億円もなくなったとして、民事再生法申請を行った経営破綻のことです。

ビットコインのデジタル署名

ビットコインのデジタル署名(電子署名)は最初に秘密鍵と公開鍵を作成されることにより始まります。(秘密鍵と公開鍵は対になっているものでどちらか一つでも欠ければデジタル署名は行う事ができません。秘密鍵は自分しか知らない暗号で、公開鍵は皆に知らせる暗号です)

ビットコインの量の限界

ビットコインはあらかじめ発行量の上限が決まっています。プログラムの中のコードによって発行の上限が2,100万BTCと定められており、その発行されるスピードも定められていて、約4年といった間隔で発行する量が半減期とされています。正確に言うと、認証に成功したマイナー(追記人)が報酬として得られるビットコインの量は、ブロックチェーンに21万ブロックが追加されるたびに半分になります。

ビットコイン誕生

ビットコインは、現在最も知られている仮想通貨になってきましたが、ビットコインが誕生した背景やビットコインの今後について知っている方は少ないのではないでしょうか。 ビットコインは、特定の組織に属する開発チームが作ったのではなく、前回の記事でお話しさせていただいたように、2008年にナカモト・サトシと名乗る謎の人物が公開した論文に興味をもった人たちが分担してコードを書いたのがビットコインの誕生起源になります。